講演・シンポジウム

■report

New Education Expo2017 (2017年6月4日)

国内最大級の教育機材・ソリューションの展示会

教育の情報化は導入から普及の時代へ ~新たなスタンダード作りに向けて多くの企業が参入

教育クラウドプラットフォーム/ 教育クラウドの標準仕様

総務省における教育ICT政策

総務省 情報通信利用促進課長 御厩祐司氏

 

次期学習指導要領

次期学習指導要領と教育の情報化

東北大学 大学院情報科学研究科 堀田龍也先生

 

次期学習指導要領、学校ICT環境整備

教育の情報化の動向と今後の展望

文部科学省生涯学習政策局情報教育課長 梅村 研氏

 

プログラミング/アルゴリズム、新たな情報教育

パネルディスカッション

プログラミング教育が目指すもの ~本当に必要な教育内容や体制とは

東北大学大学院情報科学研究科 堀田龍也先生

宮城教育大学教育学部 安藤明伸先生

相模原市立総合学習センター 渡邊茂一先生

草津市教育委員会 西村陽介先生


■report

情報入試

思考力・判断力・表現力を評価する大学入試

~次期学習指導要領による大学入学者選抜改革に向けて    

■情報処理学会第79回全国大会イベント企画(2017年3月16日)

文部科学省大学入学者選抜改革推進委託事業

◆報告:「『情報科』の情報学参照基準による知識体系化」

 萩谷昌己先生(東京大学大学院情報理工学系研究科)

◆報告:「『情報科』大学入学者選抜CBTシステム化の仕様」

 西田知博先生(大阪学院大学情報学部)

*************

■シンポジウム「2025年の高校教科「情報」入試を考える~思考力・判断力・表現力を評価する~」(2017年3月20日)

主催者挨拶 西尾章治郎先生(大阪大学総長)

基調講演:「情報I・IIで育む思考力・判断力・表現力」

 鹿野利春氏(国立教育政策研究所)

◆事業概説 :「思考力・判断力・表現力」を評価する試験問題

 萩原兼一先生(大阪大学大学院情報科学研究科)

 久野靖先生(電気通信大学大学院情報理工学研究科)

◆現状報告:高校での「情報科」教育~大阪府内高校への調査結果をもとに

 加藤光先生(大阪府高等学校情報教育研究会・大阪府立岬高等学校)

パネル討論:「思考力・判断力・表現力の教育方法/評価方法」

 コーディネータ: 萩原兼一先生

 パネリスト:鹿野利春氏 萩谷昌己先生 久野靖先生 加藤光先生 片岡晃氏(情報処理推進機構)


■report

情報セキュリティ

第10回全日本高校模擬国連大会基調講演

サイバー技術の発達によって変わる国際関係の枠組み

経済産業省サイバーセキュリティ・情報化審議官 伊東寛氏

 


■report

全国高等学校情報教育研究会 第9回神奈川大会 (2016年8月8日・9日)

[講評講演]

次期学習指導要領

「人間としての強み」を伸ばしていく情報教育を目指して

 ~新学習指導要領における教科情報の位置付け

 鹿野利春氏(文部科学省 生涯学習政策局 情報教育課情報教育振興室 教科調査官/国立教育政策研究所 教育課程研究センター 研究開発部 教育課程調査官)

 [分科会]

メディアの特徴・コンテンツ制作

「映像の送り手・受け手双方のリテラシー育成を目指して

 〜映像制作とその振り返りから学ぶメディア・リテラシー」

 岡本弘之先生(聖母被昇天学院中学校高等学校)

情報社会の課題・情報モラル

「高校生が先生にSNSを教える画期的な取り組み」

 ~「高校生によるSNS講座」を実践して感じたこと~

 柴田功先生(神奈川県立鶴見高校)

情報モラル・法と責任

「価値観の交流を通して考えるプライバシーリスク 行動変容につながる情報モラルの授業」

 勝田浩次先生(大阪府立東百舌鳥高校)

プログラミング/アルゴリズム

「エイリアンとの交信」を題材としたプログラミングとアクティブ・ラーニング

 大里有哉先生(神奈川県立津久井高校)

情報モラル

「情報モラルと合意形成と~自分で考える→グループで話し合う→グループで合意形成をする」を通して生徒自身が情報モラルを考える」

 谷川佳隆先生(千葉県八千代東高校)

プログラミング/アルゴリズム・問題解決

「効率よく・入り口のハードルを上げ過ぎないプログラムの指導案

 ~Code.orgを用いた授業の事例」

 鶴見美子先生(埼玉県高等学校情報教育研究会)

小学校でのプログラミング指導

「小学校におけるプログラミング学習の検討~現状で可能な学習内容を考えてみる~」

 飯田秀延先生(東京都立小金井北高校)

[ポスターセッション]

コンピュータ・アルゴリズム

「歯車式計算機を体験してみる~メカの動きから体験するアルゴリズムのしくみ」

 矢部一弘先生(横浜共立学園高校)

 


■report

プログラミング/アルゴリズム

高校教科「情報」シンポジウム2016秋・講演(2016年10月)

動き始めた情報教育の改革をさらに良い方向へ導くために、私たちにできること

~学習指導要領の状況とプログラミング教育

大阪電気通信大学 兼宗進先生


■report

日本情報科教育学会 第9回全国大会 (2016年6月25日・26日)

[記念講演] 

教育の情報化 

教育改革を踏まえた教育の情報化

新津勝二氏 文部科学省 生涯学習政策局 情報教育振興室長 初等中等教育局視学官

次期学習指導要領 

高等学校共通教科「情報」の検討状況

鹿野利春氏 国立教育政策研究所 教育課程研究センター研究開発部 教育課程調査官

 

[実践・研究発表] 

問題解決・データサイエンス(ビッグデータ)

「情報科における『データの分析』教育の役割~柏陽IoTと柏陽ビッグデータの取り組み~」 

神奈川県立柏陽高校 間辺広樹先生 

プログラミング/アルゴリズム

「オンラインで利用可能なプログラミング学習環境の提案」 

大阪電気通信大学 兼宗進先生 

メディアの特徴・情報社会の課題・情報モラル

「うわさとの上手な付き合い方を学ぶ~“うわさ”はどこまで扱えるか 実践報告」 

中央大学杉並高等学校 生田研一郎先生 

プログラミング/アルゴリズム・情報デザイン

「実世界のデータを計測し活用するプログラミング学習活動」 

愛知教育大学 鎌田敏之先生 

 

[パネルディスカッション] 

「地域社会が情報科に求める教育と、教育現場が考える情報科が目指すべき教育」 

鈴木直樹氏(刈谷市前副市長) 、松井茂樹先生(デンソー工業学園学園長)、

香山瑞穂先生(東海中部支部支部長、信州大学) 

水野修治先生(大会実行委員会副委員長、愛知県立岡崎商業高等学校) 

矢野宏彦先生(大会実行委員長、愛知県立千種高等学校) 

 


■report

ICTE情報教育セミナーみなとみらい講演(2016年6月25日)

次期学習指導要領

次期学習指導要領で教科「情報」は、どう変わろうとしているのか 

 東京都立町田高等学校 指導教諭 小原格先生

(中央教育審議会 初等中等教育分科会 教育課程部会 情報ワーキンググループ委員)

情報入試

慶應義塾大学SFCにおける情報入試導入までの道のりと実施状況 

 慶應義塾大学 環境情報学部 准教授 植原啓介先生


■report

New Education Expo2016 (2016年6月4日)

デジタルもアナログも 新しい教育を作るためのソリューションが一堂に!国内最大級の教育機材・ソリューションの展示会(2016年6月)

 

次期学習指導要領

特別講演 新しい学習指導要領で期待される学力と教育の情報化への期待

~ICT導入の現状と中教審での議論から情報教育の未来を考える

東北大学大学院情報科学研究科 堀田龍也先生

vol.1 学校現場におけるICT活用の現状

vol.2 中教審における審議の状況

vol.3 情報活用能力の育成とこれからの環境整備

 

となりの学校ではICT活用どうしてる、何してる

羽衣学園高等学校 米田謙三先生

 <実践報告>

コミュニケーション・Google Classroomの活用

 鎌倉学園高等学校 小林勇輔先生

プログラミング/アルゴリズム・コミュニケーション・iPadの活用

 山梨英和中学校・高等学校 近藤美和先生 

データベース・インフラ構築とオープンソースシステムの活用

 佐野日大中等教育学校 ICT教育推進室室長 安藤昇先生 


■report

第71回ICTE情報教育セミナーin東京(2016年5月14日)

プログラミング/アルゴリズム

共通教科「情報」におけるプログラミングの位置づけ

大阪電気通信大学 兼宗進先生

vol.1 中教審で審議中の共通教科「情報」の学習指導要領改訂

vol.2 経験のない先生でも使いこなせるプログラミング言語「ドリトル」を授業で活用


■report

教科「情報」と情報入試のこれから(2016年5月15日)

高校教科「情報」シンポジウム2016 ジョーンめ~えき

情報入試

「情報入試研究会の活動と情報入試の潮流」

 筧捷彦先生

 (情報処理学会情報処理教育委員会委員長/情報オリンピック日本委員会理事長)

AO入試による情報入試

「京都産業大学AO入試『情報』試験・実施報告と今後の展望」 

 安田豊先生(京都産業大学)

情報入試

パネルディスカッション「これからの情報入試への期待」

 奥村晴彦先生(三重大学)

 加藤和幸先生(金城学院中学校高等学校)

 中西渉先生(名古屋高等学校)

 角田博保先生(情報処理学会情報入試委員会委員長) 


■report

教科「情報」でプログラミングをどう教えるか (2015年11月17日)

実践事例と意見交換 ~愛知県高等学校情報教育研究会・研究協議会

プログラミング/アルゴリズム

学び方を学び、問題解決能力を育成するプログラミング学習の実践

 愛知県立岡崎商業高校教頭 水野修治先生

プログラミング/アルゴリズム

先生方の意識の中へのプログラミング導入
~プログラミング導入に待ち受ける障害を乗り越えるためのアイスブレイク

 愛知県立瀬戸北総合高等学校 田中健先生

プログラミング/アルゴリズム

PenFlowchartを用いた授業の提案とテキストの公開

~生徒のプログラミングへのハードルを下げるための試み

  名古屋高等学校 中西渉先生

プログラミング/アルゴリズム

21世紀型能力を育成させる課題解決型学習の実践 

~課題研究でのプログラミング教育実践報告

 愛知県立衣台高校 井手広康先生


■report

「情報」の大学入試問題作りを通して、新たな「学力」を考える
~第66回ICTE情報教育セミナー in 東京 (2015年5月30日)
―大学入試改革と教科「情報」で問われる学力― 

新しい大学入試で問われる学力

 講演「新しい大学入試で問われる学力」

 河合塾教育研究部 部長 谷口哲也氏

情報入試

 ワークショップ:みんなで新しい大学入試問題を考えてみよう

 ファシリテーター 奥村稔先生(北海道札幌北高等学校)

情報入試

 講演 慶應義塾大学SFCの入試問題
 植原啓介先生(慶應義塾大学)


■report

日本最大級の教育機材の祭典 NEW EDUCATION EXPO2015

・授業・教材の著作権

デジタル教材を使う上で大きな課題になる著作権問題を扱ったセミナーもレポート(2015年6月)

授業/教材の著作権・デジタル教材・ICT機器・環境

佐賀県における教育情報化推進の取組 ~デジタル教材の取り扱いを中心に

 福田孝義氏(佐賀県教育庁 副教育長)

授業/教材の著作権

全学必修知財教養科目におけるアクティブラーニング→反転学習→完全e-learning学習に伴う映像のタイムシフトを考える

 木村友久先生(山口大学国際総合科学部) 

授業/教材の著作権

教育現場の「著作権」が危ない ~高等学校の現場、教員養成の立場から

 武沢 護先生(早稲田大学大学院 教職研究科 客員教授/早稲田大学高等学院) 

授業/教材の著作権 パネルディスカッション 


■report

次世代の教科『情報』と情報入試
高校教科「情報」シンポジウム2015春in関西(2015年5月23日)
第3回大学情報入試模擬試験の解説と結果の分析や、いよいよ来年春に一般入試で「情報」が始まる慶應義塾大学SFCの参考試験の解説。
新たな情報教育

特別講演「次世代のための情報教育を目指せ -胎動始まる教育改革の中で-」
  筧 捷彦先生(早稲田大学/情報処理学会情報処理教育委員会委員長)
情報入試

講演1 慶應義塾大学SFC一般入試「情報」参考試験

  植原啓介先生(慶應義塾大学)
情報入試

講演2 第3回大学情報入試全国模擬試験問題解説 

  佐久間拓也先生(文教大学)
情報入試

講演3 第3回大学情報入試全国模擬試験実施結果
  谷 聖一先生(日本大学)


■report

高校教科「情報」シンポジウム2014秋 [ジョーシン2014 秋]
~情報科教員としてのスキルアップ教員免許更新講習などを活用して(2014年10月25日)

教員免許更新講習

 情報処理学会教員免許更新講習の報告 久野 靖先生(筑波大学)

●教員免許更新講習を担当して
 教員免許更新講習 

 辰己 丈夫先生(放送大学)

 教員免許更新講習

 田崎 丈晴先生(千代田区立九段中等教育学校)

 教員免許更新講習・情報技術

 長嶋 秀幸先生(東京大学教育学部附属中等教育学校)

 教員免許更新講習・プログラミング/アルゴリズム 

 間辺 広樹先生(神奈川県立柏陽高等学校)

情報教育のあるべき姿

情報科の教員が学ぶこと~情報科出身ではない若手教員の立場から

 羽賀 康博先生(東京都立東村山高等学校)       


■report

高校教科「情報」スタート12年、今 現場が求めるものは…
情報処理学会第77回全国大会(2015年3月17-19日)
モデル化とシミュレーション・情報教育のあるべき姿
 加藤和幸先生(金城学院高校[愛知])
情報教育のあるべき姿
 実践報告「砂場遊びの延長線上に、コンピュータでの情報教育を」
 田邊則彦先生(清教学園中・高校[大阪])
情報教育のあるべき姿

 坪内誠道先生(大阪府立柴島高校)

情報教育のあるべき姿

 講演「高校情報科の指導体制の現状と教員養成の課題」
 小泉力一先生(尚美学園大学)


■report

情報モラル・プレゼンテーション

高校生からの提言 内閣府・文部科学省・総務省でプレゼン

~高校生ICT Conference2014 最終報告会

教科「情報」とは別の情報教育の導入を! 小中学生がネットを安心・安全に使うためのポイントも (2014年12月16日)


■report


■report

デジタル教科書活用の英語授業

授業デザインとデジタル教科書が拓く、新しい英語教育の可能性
大阪私学教育情報化研究会 ICTデジタル教材勉強会(2014年7月19日@大阪)
デジタル教科書の開発が最も進んでいると言われる英語科。実際に各社の教科書を使って優れた授業を行っている先生方の授業方法を公開。英語以外の教科の先生にも参考になる授業展開のヒントを紹介します。
【東北学院高校(宮城)、大阪府立鳳高校、羽衣学園高校(大阪)、大阪府立花園高校、兵庫県立姫路西高校、同志社中学校(京都)、大阪府立池田高校】


■report

全国高等学校情報教育研究会全国大会 第7回埼玉大会

全国から約300人の高校の教科「情報」の先生方をはじめとする関係者が集まり、「問題解決」「教材の紹介・教材の開発」「実践と提案」「実践事例・問題解決」の4つの分科会で31の発表、19のポスター発表、17の企業展示が行われました。 (2014年8月12日・13日)


■report

日本最大級の教育関係者向けセミナー&展示会 NEW EDUCATION EXPO2014

~iPad・電子黒板・デジタル教科書等の高校ICT活用事例と、最新教材をレポート

46台のiPadを廻しながら全ての教科でiPad活用する公立高校、全校で約3000台のiPadを使用する私立高校などを紹介(大阪府立とりかい高等支援学校、近畿大学附属高等学校・中学校、大阪府立東百舌鳥高等学校)。最新の機器や教材、ソリューションの展示も。(2014年6月20・21日@大阪)


■report

第62回ICTE情報教育セミナーin武蔵大学
情報コミュニケーション教育研究会(ICTE)による情報教育セミナーが開催。(2014年5月18日@武蔵大学)。千葉大学の藤川大祐先生による講演「高校生とスマートフォン~情報教育ができること」、高校の先生方によるポスターセッション、「社会と情報」「情報の科学」の授業をグループで振り返るワークショップが行われました。


■report

高校教科「情報」シンポジウム2014春in関西(「ジョーシンうめきた」)開催
初等中等教育における情報教育を考える情報処理学会のシンポジウムが開催(2014年5月17日大阪工業大学うめきたナレッジセンター)。

特別講演 「情報科の観点別評価」黒上晴夫先生(関西大学)
第2回大学情報入試全国模擬試験団体受験報告 水野修治先生(愛知県立高校)

第2回大学情報入試全国模擬試験解説 辰己丈夫先生(放送大学)

情報化社会を担う次世代のために~SFCの場合 植原啓介先生(慶應義塾大学)

村井純先生(慶應義塾大学)筧捷彦先生(早稲田大学)からのメッセージ
ほか、情報入試について高校側・大学側から議論するパネルディスカッションなどが行われました。


■report

情報処理学会第76回全国大会イベント企画 →詳しくはこちら
日本最大の「情報」の学会で、高校の情報教育の現状と情報入試に関して議論(2014年3月11日)

講演「世界最先端IT国家創造宣言における人材育成」

  平本健二氏(内閣官房政府CIO補佐官/経済産業省CIO補佐官)

講演「サイエンスとしての教科『情報』」

  柏木隆良先生(神奈川県立鎌倉高等学校校長)

講演「情報入試研究会の活動と情報模擬試験」

  中山泰一先生(電気通信大学大学院情報理工学研究科准教授)

講演「高等学校における情報科の授業と情報入試」

  中西渉先生(名古屋高等学校教諭(情報科主任))

パネル討論「情報入試に期待するもの」


■report

「プログラミングで学ぶ」新しい学習環境を創る!
~「ラズベリーパイ」と「スクラッチ」を活用して~

プログラミング学習普及プロジェクト「PEG」のキックオフイベント開催(2014年2月8日東京大学)<学習院女子高、山梨英和の事例等紹介>


■講演


■講演

教科「情報」スタート10年目 節目の年に
~2023年の学習指導要領改訂の準備も見据えなければ!

筧 捷彦先生 早稲田大学教授
情報処理学会 情報処理教育委員会委員長

 


■report

高校教科「情報」シンポジウム2013秋(ジョーシン)開催 詳しくはこちら

初等中等教育における情報教育を考える情報処理学会のシンポジウム開催されました。(2013年10月26日早稲田大学西早稲田キャンパス)

・講演:萩谷昌己先生(東京大学)「『情報学』をいかに定義するか」

・講演:辰己丈夫先生(早稲田大学)情報教育の視点から世の中の事件をひもとく

「第1回大学情報入試全国模擬試験」(2014年5月実施/情報入試研究会主催)の

実施報告および解説(植原啓介先生 慶應義塾大学環境情報学部)

実施結果の分析と問題の講評(奥村晴彦先生 三重大学教育学部)

高校の団体受験報告(井上勝先生 八千代松陰高等学校)

パネルディスカッションなど

 

■report

高校生ICT Conference in 2013 @大阪

~考えてみよう! 情報モラル・情報リテラシーの5W1H

関西の高校生が集まって、熟議の手法を活用し、高校生視点で情報教育を提案するイベント開催(2013年10月5日)

 

■report

全国高等学校情報教育研究会 第6回全国大会 →詳しくはこちら

全国からのべ320名の高校の情報教育関係者が、教科「情報」の指導力向上を目指して議論。(2013年8月9日・10日、京都大学にて)

・講演:西垣通先生(東京経済大学教授・東京大学名誉教授)

 「文と理を結ぶ情報教育、基礎情報学からのアプローチ」

・講演:永井克昇氏(文部科学省初等中等教育局視学官)

 「これからの情報教育~情報教育を支え、担っていただく皆様へ」

 

■report

日本情報科教育学会 第6回全国大会 →詳しくはこちら

「情報」の教科教育を専門とする学会による『新たな情報科教育の発信』、計71件(研究発表56件、ポスター10件、デモンストレーション発表5件)。(2013年6月29日・30日、東海大学高輪キャンパスにて)

・講演:教科「情報」とデモクラシー
岡本敏雄氏 日本情報科教育学会会長・京都情報大学院大学/電気通信大学eラーニングセンター

 

■report

情報入試フォーラム2013 →詳しくはこちら

慶應義塾大学の村井純先生、早稲田大学の筧捷彦先生らを中心に、2016年に教科「情報」入試の実現を目指した「情報入試研究会」によるフォーラム。(2013年3月3日、筑波大学にて)

明治大学情報コミュニケーション学部2013年度情報入試の速報

 (山崎浩二先生 明治大学情報コミュニケーション学部)

2016年から情報入試を実施する慶應義塾大学の発表

  (村井純先生 慶應義塾大学環境情報学部長)

情報入試研究会による試作問題の解説(久野靖先生 筑波大学教授)

 

■report

「Edu×Tech Fes2013」ITの力で日本の教育を変える!

中高生のためのITキャンプを中心に、教育界に変革をもたらしつつあるLife is Tech!(代表:水野雄介氏)の、経済界、大学界、現場の先生など豪華著名人を招いた、 IT教育の未来を探るイベント(2013年5月26日、東京大学本郷キャンパス)

 

■講演

大学入試への「情報」の導入は、「情報」をより良くするチャンス

東京都立町田高等学校 小原 格先生

※2012年12月15日、フォーラム「情報教育と大学入試」にて講演

 

キャリア教育

これからの日本には、仕事を視野に入れた教育が必要
「教育の『意義』とは」――本田由紀先生(東京大学)

神奈川の教育の未来を語り合う「かながわ人づくりコラボ2013」(2013年11月9日)での講演より。概要はこちら

 

第9回教育コーディネータフォーラム
~社会が求める力・育つ力を引き出し「場」づくり~

愛知県でキャリア教育普及の牽引役となっているNPO法人アスクネットと、市民からの寄付で子ども達にインターンシップなどの機会を提供しているアスバシ教育基金によるフォーラム(2013年7月13日)

 

第4回キャリア教育アワード受賞者決定「キャリア教育推進連携シンポジウム」

第4回「キャリア教育アワード」大賞は、岩村田本町商店街振興組合、第3回「キャリア教育推進連携表彰」最優秀賞は、兵庫県教育委員会・県下全市町組合教育委員会が受賞(2014年2月21日)

◆基調講演

1.清水隆彦氏(東京都荒川区立諏訪台中学校校長・全国中学校進路指導連絡協議会顧問)

「キャリア教育実践による効果について~学校の視点から~」

2.菊池匡文氏(横須賀商工会議所 専務理事)

「キャリア教育実践による効果について~企業の視点から~」

 

◆「第4回キャリア教育アワード」最優秀賞受賞企業・団体による事例発表

1.ソニー生命保険株式会社「ライフプランニング授業」

2.岩村田本町商店街振興組合「商店街初!岩村田本町商店街が実施する、支援の必要な子供たちのための自立支援プログラム」

3.アイシン精機株式会社・アイシングループ「アイシン環境学習プログラム」

 

◆文部科学大臣表彰受賞校による事例発表

1.仙台市立寺岡小学校「寺岡小学校の自分づくり教育」

2.青森県板柳町立板柳中学校「明日へはばたけあおもりっ子キャリア教育推進事業」

3.三重県立津高等学校「大人・地元との接続を意識して「志」を育てるキャリア教育」

 

◆キャリア教育推進連携表彰受賞団体による事例発表

 兵庫県教育委員会 地域に学ぶ「トライやる・ウィーク」

パネルディスカッション

 

【関連記事】
第3回「キャリア教育アワード」および第2回「キャリア教育推進連携表彰」に関する記事はこちら(2013年)

 

グローバル人材育成

教育フォーラム「グローバル人材の育成と活用〜大学教育の現場から」

東京大学総長の濱田純一氏、慶応義塾長の清家篤氏、関西学院大学学長の井上琢智氏が、大学における取り組みやグローバル時代における教育の考え方を語りました。

 

大学での取り組み

経済産業省「社会人基礎力を育成する授業30選」表彰式&特別シンポジウム開催(2014年3月9日)

基調講演「大学教育と社会をつなぐ社会人基礎力とは」

 慶応義塾大学 名誉教授 花田光世先生

「将来のビジョンを明確にし、社会人基礎力を育成することで、管理栄養士合格に導く」

 愛知学泉大学家政学部管理栄養士専攻教授 安藤明美先生

「『アカデミック・スキル』という授業の場で京都府と連携した取り組みを実施」

 同志社大学政策学部教授 関根千佳先生

「人間力の育成に特化したセンターを作ることで、全学部・全学年横断のプログラムが実現」

 広島経済大学 興動館課長 友松修氏

パネルディスカッション

 

社会人基礎力育成グランプリ2014開催

中京大学総合政策学部が大賞(経済産業大臣賞)受賞!!