交流は授業づくりの問題解決!

神奈川県高等学校教科研究会情報部会 情報科実践事例報告会2018

年末恒例の、神奈川県教科研究会情報部会の実践事例報告会が開催されました(12月27日(木)@岩崎学園情報科学専門学校)。今回は県内外から約150人が参加しました。この実践事例報告会の特徴は、県外からの参加者も口頭発表やポスター発表に参加できること。9本の口頭発表、22本のポスター発表の約半数が県外からの参加者です。

 

今年情報科の教育実習をした学生さんから大ベテランの先生まで、どの発表にも熱心な質問やコメントがどんどん入ります。今回の口頭発表では、Googleフォームを使って参加者から質問を募集する、という形式も設定されました。また、ポスター発表では、発表者に対してベテランの先生が改善点のアドバイスをしたり、実際に授業をする際に生徒がひっかかりやすいポイントへの対応の仕方のコツを伝授したりなど、やり取りを通して授業のヒントがどんどん蓄積されていきます。今回の報告会のテーマである「交流は授業づくりの問題解決」が、熱気にあふれる会場全体で展開されていました。

 

 

[口頭発表]

「気付きを導くオンライン学習教材の活用」

 神奈川県立柏陽高校 間辺広樹先生

「情報科の授業で取り組む問題解決の授業」

 アサンプション国際中学校高等学校 岡本弘之先生

「問題解決への利用を目的とした統計の学習(pythonを利用して)

 二松学舎大学附属中学校・高等学校 阿部百合先生

 ・「Aliceを利用した感情表現活動~プログラミング的思考を意識した授業実践報告」

 ドルトン東京学園中等部・高等部 神藤健朗先生

 ・「生徒の主体的な学びを促進するデジタル作品の制作」

 東京都立三鷹中等教育学校 能城茂雄先生

 

 

[ポスター発表]

「体感でわかる!パケット交換と回線交換を実験して比べよう」

 神奈川県立生田東高校 大石智広先生

「ペアワークで文字コード変換」

 神奈川県立城山高校 照内康成先生