第10回全国高等学校情報教育研究会全国大会(東京大会)

「情報教育に関わるすべての人へ」~情報教育への期待に応える新たな取り組み

第10回全国高等学校情報教育研究会全国大会が、8月8日・9日の2日間、東京都調布市の電気通信大学で、全国から約400人の高校・大学の先生や企業の方を集めて開催されました。

平成20年8月の第1回大会から9年。教科「情報」を取り巻く状況は、社会情勢の変化を受けて、目まぐるしく変化してきました。特に今年は、3月に次期学習指導要領の情報Ⅰ・情報Ⅱの概要が発表され、教科情報に対する期待の高まってきていることが強く感じられるようになりました。

 

今回の大会テーマは、「情報教育に関わるすべての人へ」。

32の分科会発表、32のポスター発表、32の企業展示では、授業の現場での実践を中心に、熱のこもった発表と質疑応答が繰り広げられました。

 

10回目の節目となる今回は、予稿集(講演論文集)を記念冊子として、冊子後半に過去10回全国大会の事務局長を務められた先生方からのメッセージや各回のプログラム、当時の実行委員長の挨拶が掲載されました。バックナンバーからは、不断に変化する状況に向き合い、決して十分とは言えない環境の中で授業の工夫を重ねて来られた先生方の真摯な努力が感じられました。

 

[分科会]

[講評講演]

現在の授業を充実させつつ、次期学習指導要領への準備を

鹿野利春氏(文部科学省 生涯学習政策局 情報教育課情報教育振興室 教科調査官

  国立教育政策研究所 教育課程研究センター 研究開発部 教育課程調査官)