情報処理学会 高校教科「情報」シンポジウム(ジョーシン)2021秋

情報科教育の新時代を創る〜デジタルの日を記念して〜

2021年10月9日(土) 13:00‐17:00 オンライン

高校教科「情報」のあり方を広く・熱く議論する「高校教科「情報」シンポジウム(ジョーシン)」。今年は「デジタルの日」(2021年10月10日・11日)を記念したオンラインで開催されました。

 

いよいよ来年に迫った新課程「情報I」のスタート、まだまだ続く新型コロナ禍、1人1台端末の活用等など、高校の情報科教育を取り巻く環境は、まさに激動の中にあります。

 

2025年共通テストからの「情報I」の導入も正式に決まった今、高校の情報科のはいかにあるべきか、様々な視点からの議論が繰り広げられました。

 

[プログラム]

■オープニング

 稲垣知宏先生(情報処理学会情報処理教育委員会委員長/広島大学)

 

新学習指導要領における教科「情報」の実施に向けて

 田﨑丈晴先生(国立教育政策研究所)

 

■情報教育課程の設計指針と情報入試

 萩谷昌己(情報処理学会副会長/東京大学)

 

情報教育を取り巻く静岡県の状況

 塩﨑克幸先生(静岡県教育委員会/静岡県総合教育センター元所長)

 

「情報Ⅰ」教科書の動向

 井手広康先生(愛知県立小牧高等学校)

 

■大学入学共通テスト「情報」試作問題・サンプル問題概観

 中野由章先生(情報処理学会初等中等教育委員会委員長/工学院大学附属中学校・高等学校)

 

フロアとの質疑応答

 進行:遠山紗矢香先生(静岡大学)

 パネリスト:萩谷昌己先生

       塩克幸先生

       井手広康先生

       中野由章先生

 

■クロージング

 中山泰一先生 (情報処理学会教育担当理事/電気通信大学)