7.情報社会の問題点・情報モラル・情報セキュリティ

授業事例

【事例64】ネットワークの動作と仕組み

「情報セキュリティ」授業実践報告

東京都立町田高校 小原格先生

【事例62】公開鍵暗号

暗号を解読せよ~プログラミングで学ぶ公開鍵暗号

神奈川県立生田東高校 大石智広先生

【事例56】 情報モラル・法と責任

情報社会を生きる知恵としての著作権をどのように学ぶか

~独自教材とLMS(Learning Management System)を活用した授業の展開

早稲田大学高等学院「社会と情報」授業レポート

【事例49】 情報社会の課題・情報モラル

高校生が先生にSNSを教える画期的な取り組み

~「高校生によるSNS講座」を実践して感じたこと~

神奈川県立鶴見高等学校 教頭  柴田功先生

【事例48】 情報モラル・法と責任

価値観の交流を通して考えるプライバシーリスク

行動変容につながる情報モラルの授業

大阪府立東百舌鳥高等学校 勝田浩次先生 稲川孝司先生 北野堅司先生

【事例47】 メディアの特徴・コンテンツ制作

映像の送り手・受け手双方のリテラシー育成を目指して

〜映像制作とその振り返りから学ぶメディア・リテラシー

聖母被昇天学院中学校高等学校 岡本弘之先生

【事例44】 メディアの特徴・情報社会の課題・情報モラル

うわさとの上手な付き合い方を学ぶ   ~「“うわさ”はどこまで扱えるか」実践報告

中央大学杉並高等学校 情報科・数学科 生田研一郎先生

【授業事例30】 情報モラル・コンテンツ制作
動画制作を通して情報モラルやリテラシーを体得する
~動画「製作」を活用した情報モラル学習~

東京都立三鷹中等教育学校 能城茂雄先生

【授業事例26】 情報モラル・コンテンツ制作
情報モラル絵本のテーマの変遷
情報モラルを高めるとともに、生徒の情報に対する興味や悩みを映し出す鏡として

大阪府立寝屋川高等学校 野部 緑先生

【授業事例16】 情報社会の課題・情報モラル
LINEを題材にした個人情報の授業 

生徒になじみの深い素材で学ぶ、現実世界の情報モラル

神奈川県立麻生総合高等学校 大石智広先生

【授業事例9】 情報モラル
話し合う情報モラルの授業実践
~生徒の主体的な取り組みを引き出し、自らの情報発信を見直す行動へ

聖母被昇天学院中学校高等学校(大阪) 岡本弘之先生

講演

情報セキュリティ

第10回全日本高校模擬国連大会基調講演

サイバー技術の発達によって変わる国際関係の枠組み

経済産業省サイバーセキュリティ・情報化審議官 伊東寛氏

日本最大級の教育機材の祭典 NEW EDUCATION EXPO2015

・授業・教材の著作権

デジタル教材を使う上で大きな課題になる著作権問題を扱ったセミナーもレポート(2015年6月)

授業/教材の著作権・デジタル教材・ICT機器・環境

佐賀県における教育情報化推進の取組 ~デジタル教材の取り扱いを中心に

 福田孝義氏(佐賀県教育庁 副教育長)

授業/教材の著作権

全学必修知財教養科目におけるアクティブラーニング→反転学習→完全e-learning学習に伴う映像のタイムシフトを考える

 木村友久先生(山口大学国際総合科学部) 

授業/教材の著作権

教育現場の「著作権」が危ない ~高等学校の現場、教員養成の立場から

 武沢 護先生(早稲田大学大学院 教職研究科 客員教授/早稲田大学高等学院) 

授業/教材の著作権 パネルディスカッション 

先端研究

情報セキュリティ応用

攻撃者の視点に立つ~情報セキュリティ研究の面白さ

森達哉先生 早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科

 

プライバシー保護

知られたくない情報を、使える情報に変えるプライバシー保護術~秘密計算のしくみとは?

濱田浩気先生 日本電信電話株式会社 NTTセキュアプラットフォーム研究所