13.先端研究

ヒューマンコミュニケーション基礎

共感すれば情報が伝わる。ライフログから似た経験を引き出し、「要は何?」を説明する技術

望月理香先生 日本電信電話株式会社 サービスエボリューション研究所

 

パーベイシブ・ユビキタスコンピューティング

ウェアラブルセンサーを使ってアスリートの疲労度を予測~情報技術でメダリストを生み出そう

内山彰先生 大阪大学 基礎工学部 

 

インターネットと運用技術

人工知能がウエブサーバの異常状態を見つけ、サーバ管理者を救う~これってもはや生命?

松本亮介先生 ペパボ研究所

 

ユビキタスコンピューティング、行動認識

コンピュータに気持ちよく操られて、楽しく課題解決できる社会へ ~ユビキタスコンピューティングで行動が変わる

荒川豊先生 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科

 

歌声情報処理

下手な歌が味のある歌に! ~世界最高峰の音声合成技術者が拓く感動的な歌声の世界

森勢将雅先生 山梨大学 工学部 コンピュータ理工学科

 

計算機システム

交代制で戦えばエネルギーが節約できる? ハードウエアを増やしてコンピュータを省エネに

三輪忍先生 電気通信大学 I類(情報系)

 

生命情報科学

究極の個人情報=ゲノム情報を守りながら研究するには~暗号化したまま検索

清水佳奈先生 早稲田大学 基幹理工学部 情報理工学科/基幹理工学研究科 情報理工・情報通信専攻

 

インタラクション

世界最高水準の位置特定技術を使って、紙の本とスマホをつないで便利に~人にやさしいコンピュータを創る

宮田章裕先生 日本大学 文理学部 情報科学科

 

情報検索

BUMP OF CHICKEN×いきものがかり÷2=? ~情報検索は思いやりの精神で

加藤誠先生 京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻

 

人文情報学

歴史学者が情報処理の方法を持ち込んで新しい歴史学を作る~正倉院文書のナゾに迫る

後藤真先生 国立歴史民俗博物館 研究部

 

自然言語処理

難しいプログラミング言語が、日本語で説明されていたらどんなにいいか!~プログラミングを説明するプログラム開発

Graham Neubig先生 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科  ※現在はカーネギーメロン大学(米) 

 

コンピュータグラフィクス

コンピュータと物理をより近くに~物理法則をコンピュータ制御すると、複雑な動きができるロボットも実現

楽詠灝(えいこう)先生 Colombia University/コロンビア大学(米)

 

プライバシー保護

知られたくない情報を、使える情報に変えるプライバシー保護術~秘密計算のしくみとは?

濱田浩気先生 日本電信電話株式会社 NTTセキュアプラットフォーム研究所

 

HCI(ヒューマン・コンピュータ・インタラクション)

他人の身体を共有する~女性研究者の見たSF的な夢

玉城絵美先生 早稲田大学 人間科学部 人間情報科学科/H2L,Inc.創業者

 

音楽情報処理

ユウウツなピアノ練習、さようなら~理想のピアノ学習支援システムを目指して

竹川佳成先生 公立はこだて未来大学 システム情報科学部 情報アーキテクチャ学科

 

組込みシステム

ハード屋さんもソフト屋さんも楽チンな、システム設計環境「SWORDS」ができた

高瀬英希先生 京都大学 工学部 情報学科/情報学研究科 通信情報システム専攻

 

エンタテインメント情報学

火星の表面から顔検出技術で? 3Dプリンタでテトリス? ~想定外のエンタティンメントを『発掘』し人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究IT研究

栗原一貴先生 津田塾大学 学芸学部 情報科学科 

 

仮想化技術<オペレーティングシステム>

OSを手玉に取る仮想化ソフトウエア~実用化され、東大内でも使用

品川高廣先生 東京大学 情報基盤センター 情報メディア教育研究部門

 

HCI(ヒューマン・コンピュータ・インタラクション)

今や、プログラマーにも体力と鋼の精神が必要? プログラマーが疲れないプログラミング環境の開発

加藤淳先生 産業技術総合研究所 情報技術研究部門 メディアインタラクション研究グループ

 

計算理論

ばれなきゃいい? 見破られないランダムな数字は作れるのか

河村彰星先生 東京大学 教養学部 学際科学科/総合文化研究科 広域科学専攻 広域システム科学系